肌のコラーゲン

皆様おはようございます349.gif

今日は美肌の命とも言われるコラーゲンについてお話しいたしますね420.gif

その前に!

お肌には 表皮と真皮があるのはご存知でしょうか?

肉眼で見える肌の直ぐ下に 表皮

表皮のそのまた下に 真皮がありますE00F_20.gif

表皮は肌に細菌や異物が入らないように守ったり、体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きをしていて、対し、表皮の下にあ真皮は肌に弾力やハリを与えたり、土台となり肌を支えています。まさしく真皮はベットのスプリングのような働きをしていて、ここが脆くなるとお肌もガタガタになってきます。

それが、たるみやシワと言う訳なんです。

コラーゲンはこの真皮に存在していて、形状はプルンとしたゼラチン状と思いきや!実は、らせん状の繊維なんです460.gif

肌をふっくらさせたり、押し上げることによってハリと若さを作り出しているのです。

ここまで書いて、ピンと来た方もいらっしゃるかと・・・

と!言う事は・・・いくらお顔にコラーゲン配合化粧品・・・塗りまくってもコラーゲンは増えないのでは??なぜならば、コラーゲンは繊維ですから〜451.gif

OMG(オーマイガ452.gif )

さて!どうしましょう?

間違いなく年齢と共にコラーゲンは減少していきます。

その境目は20代半ばと言われ、急激にコラーゲンが衰えてくるそうです。

このコラーゲンの減少によって、たるみ、シワ、ターンオーバーの乱れ、回復力の低下、乾燥、シミなど、さまざまなトラブルが増え、肌老化は確実に進みま447.gif

しつこいですが、、さて!どうしましょう?

簡単です!コラーゲンを元気にしましょう♪

HOW??(どうやって〜〜)

コラーゲンは真皮にある線維芽細胞と言われる細胞から作り出されているそうです。これが、コラーゲン繊維と言われている組織で、規則正しく並ぶことで、弾力のある肌(土台)を作ります。

ここが重要です!!

この繊維はアミノ酸を原料に作られていますから、肌に付けるのはコラーゲンではなく、アミノ酸が入っている化粧品を選んだり、食事でアミノ酸を摂取したほうが良い。と言う事になります。

また、これらを集めて束ねる力として、ビタミンCがなくてはなりません:!:

肌のコラーゲンを増やす&保つには:?:

アミノ酸 と ビタミンC が必要なんですね:roll:

コラーゲン配合なんちゃら・・・=お肌のコラーゲンが増える

と、言う事ではないとお分かりいただけましたでしょうか?

もちろん、肌表面には効果がない訳では決ございません!

内側から作り出すコラーゲンには効果がないに等しいのです。

なので、肌表面のスキンケアだけではなく、内面からもコラーゲン生成を助ける事により若さが持続されます:idea:

お肌の組織作りに必要な アミノ酸&ビタミンCが豊富な食材は

ハチミツ・大豆製品・鶏肉・乳製品・白身・バナナ・アセロラ・レモン・ブロッコリー・じゃがいも などなど

アセロラゼリーなんて良いんじゃないかしら〜〜〜:!:

材料:ゼラチン/アセロラジュース/はちみつ/レモン

ゼラチンをお湯で溶かして♪

はちみつ加えて♪

アセロラジュースとレモン汁を加えて♪

冷やす♪

まあ!簡単に美容食品のできあがり♪♪

分量はお任せです(笑)

ジュレになるかゼリーになるかはお楽しみと言う事で!ご自分のお好きな食感を見つけてくださいね〜:idea:

注)ビタミンCは熱に弱いので、ゼラチンの粗熱を取ってから混ぜてくださいね〜:idea:

以上、コラーゲン豆知識でした:lol:

 

 

ページ: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です